(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *バチカン図書館、キリシタン弾圧の複製史料を南島原市に提供
本文テキスト  長崎県南島原市が、ローマ教皇庁のバチカン図書館から島原半島ゆかりの史料の複製を提供されることが決まった。同市が3月20日から28日にかけて中学生をローマへ派遣した際、同行した市職員が図書館と交渉し、提供の承諾を得た。提供されるのは「内堀作右衛門奉答書」など3点。「奉答書」は禁教令下の1620年、前年に激励の手紙を送ってきた教皇パウルス5世に対して、福者の作右衛門が信徒を代表して送った返書で、当時のキリシタン弾圧の厳しさがうかがえるという。同図書館からの複製史料提供は、2015年の「口之津連判状」に続いて2度目となる。史料は今後有馬キリシタン遺産記念館に展示される予定(長崎・長崎4/15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center