(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *「差別発言」疑惑で善光寺貫主に辞任要求
本文テキスト  善光寺の小松玄澄・大勧進貫主が女性職員に対して差別的な発言をしたなどとして、善光寺傘下の25寺院の住職でつくる「天台宗一山」や信徒でつくる「信徒総代」が、貫主に辞任を求めている。小松貫主は発言を否定しているが、女性職員らはセクハラや不当人事についても証言しているという。小松貫主をめぐっては2004年、女性問題に始まった辞任騒動があり、一山側が民事提訴を行った。2011年9月、東京高裁は判決で小松貫主に330万円の支払いを命じたが、辞任請求は棄却している。こうした経緯を踏まえ、6月23日、一山の代表住職らは「内外に与えた善光寺の負の影響はあまりにも大きい」などとして、小松貫主に対し、無期限の謹慎と善光寺本堂への出仕(昇堂)停止、大勧進貫主と善光寺住職の辞任を求める通告書を提出した。また、25日には信徒総代も貫主辞任の勧告書を小松貫主に手渡した(中日・長野6/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center