(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *延暦寺僧侶、修行僧に暴行
本文テキスト  比叡山延暦寺(滋賀県大津市)は6月9日、境内の宿泊施設の副館長を務める男性僧侶が4月に男性修行僧を殴って重傷を負わせていたことを明らかにした。4月9日、大僧正から男性僧侶を呼ぶよう指示を受けた修行僧が直接呼びに来なかったことに男性僧侶が激怒し、修行僧を殴打したという。同寺は男性僧侶を厳重注意し再発防止の誓約書を書かせたものの、警察には届けていなかった。6月9日発売の『週刊文春』で報じられることになり、同寺は男性僧侶を自宅待機させ、再発防止のための対策委員会を設置した。警察には報告・謝罪し、修行僧から男性僧侶への損害賠償請求などはないという。また、『週刊文春』6月16日号では「比叡山延暦寺暴力僧侶を告発」と題して本件を報じ、男性僧侶のインタビューなどを掲載している(日刊スポーツ・東京6/10、週刊文春6/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center