(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *「逆打ち」人気、お遍路の経済効果1,650億円との試算
本文テキスト  宮本勝浩・関西大学名誉教授は6月7日、四国八十八ヶ所の霊場を回るお遍路さんの2016年の経済効果が約1,650億円に上るとの試算を発表した。札所を逆回りで巡礼する「逆打ち」はうるう年に行うとご利益が増すという言い伝えがあり、さらに2016年は、その由来となる出来事があったと伝わる申年に重なるともされている。その影響で巡礼者数は例年より3割増え、19万5千人になると推定。宿泊費等の直接経費のほか、飲食店の従業員への所得増加による消費拡大など、周辺への波及効果も見込む。宮本教授は「巡礼は宗教、文化的現象だが、地域に大きな経済効果ももたらしそうだ」と語っている(愛媛・松山6/8ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center