(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *ビル型納骨堂への課税取り消し認めず
本文テキスト  石川県金沢市の宗教法人が、東京都内で運営する納骨堂について、課税対象にあたらない宗教施設だとして都による課税処分の取り消しを求めた訴訟で、東京地裁は5月24日、宗教法人側の請求を棄却した。原告は金沢市に本院を置く曹洞宗の「伝灯院」。判決によれば、伝灯院は2013年、東京都港区にビル型納骨堂を建て、宗派を問わず利用者を募った。地方税法では、宗教法人が本来の目的に使う境内建物と境内地は非課税と定められており、納骨堂がこれにあたるかが争点となった。伝灯院は2014年度に課された固定資産税などの処分取り消しを求めていたが、判決は「納骨堂では伝灯院の僧侶以外が主宰する法要が行われ、宗教法人は施設使用料を受け取っている」と指摘。「宗教団体の主な目的を実現するためには使われていない」として、伝灯院の請求を退けた(日経・東京・夕5/28ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center