(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *日中共同製作の鑑真複製像が日本に到着
本文テキスト  唐招提寺所蔵の国宝「鑑真和上座像」をモデルに日中の寺が共同で製作した「東都像」2体のうち1体が5月16日、中国から日本に到着した。東都像は、京都市の壬生寺と、鑑真が日本に渡航する前に通ったという中国・揚州市の文峰寺が共同で制作したもの。鑑真を顕彰するため、日本中国文化交流協会の創立60年に合わせて中国でつくられた。12日に文峰寺で開眼法要が営まれた後、2体のうち1体は文峰寺に安置され、もう1体は船で日本へと運ばれた。日本に送られた東都像は唐招提寺を経て壬生寺本堂に安置され、その際の法要には中国の僧侶ら約百人を含む約2百人が参列した。壬生寺貫主は「鑑真和上は日中友好のパイオニア。その精神を引き継いでいきたい」と語っている(京都・京都5/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center