(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *笠置寺境内の春日明神社、685年ぶりに再建
本文テキスト  5月23日、春日大社の摂社・本宮神社の旧社殿が笠置寺(京都府相楽郡)に移築され、春日明神社が再建された。春日明神社は、鎌倉時代の僧・貞慶(じょうけい)が笠置寺を再興した際、春日明神を祀るため境内に建立したと伝えられる。しかし、「元弘の乱」(1331年)により笠置寺を行在所(あんざいしょ)としていた後醍醐天皇の勢力と鎌倉幕府の軍勢が衝突し、社殿が焼失した。2015年に春日大社が「式年造替(ぞうたい)」を迎えたのを機に、神仏習合の時代の状態に戻そうと同社が笠置寺に協力。685年ぶりの再建となった。6月1日には「御分霊奉鎮祭」が執り行われた(毎日・京都5/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center