(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *出雲大社教、依代の返還求め提訴
本文テキスト  出雲大社教(島根県出雲市)は2014年9月に同教団から独立した宗教法人「常陸国出雲大社」(旧・出雲大社常陸教会、茨城県笠間市)などに対し、依代(よりしろ)の返還を求める訴訟を松江地裁に起こし、4月11日に第1回口頭弁論が行われた。常陸国出雲大社の宮司が教会長を務める宗教団体「東敬神教会」に対しても、2015年に同教会が閉鎖されたとして、貸与した依代の返還を求めている。訴訟に対して常陸国出雲大社側は、依代の貸与と遷座祭の執行に際して大社教側に300万円以上渡すなどしており、また、民法上の使用貸借契約は結んでいないために返還の義務はないと主張。「宗教心に対する横暴な干渉」として、全面的に争う構えを見せている(読売・島根4/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center