(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *徳川光圀奉納と言い伝えの刀、鷲子山上神社で発見
本文テキスト  2016年3月、栃木県那珂川町と茨城県常陸大宮市の県境にある鷲子山上(とりのこさんしょう)神社で、水戸2代藩主徳川光圀から拝受したと伝わる短刀が約150年ぶりに見つかり、4月29日から5月8日まで一般公開された。専門家は光圀と同時代の源祐国(すけくに)作で儀式用の神刀と鑑定。「光圀と関係する可能性は高い」としている。同神社はかつて水戸藩に位置し、宮司の先祖は幕末に佐幕派の諸生党に所属。明治維新後は神宝を持って全国を転々としており、刀も所在不明になっていた。刀とともに勾玉も見つかり、2007年には9代藩主斉昭が奉納した鏡も発見されているため、「三種の御神宝」が揃うことになった(読売・栃木4/25、下野・宇都宮4/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center