(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【特設項目 熊本地震関連】
小分類(国名等) ◆寺社の被害状況と問題点
記事タイトル *阿蘇神社で重文の楼門などが倒壊
本文テキスト  4月16日の熊本地震本震により、阿蘇市の阿蘇神社では国の重要文化財に指定されている「楼門」が倒壊した。楼門のほかに拝殿と翼廊(回廊)も倒壊。また、重文の「一の神殿」、「二の神殿」、「三の神殿」、神幸(みゆき)門、還御(かんぎょ)門が損傷した。4月23日には文科省の調査官が被害状況を調査し、重文の復旧に関しては、「建物の部材を再利用できそうで、再建は可能」と判断した。ただし指定文化財以外は全額神社側の負担による再建となる。復興には10年の歳月と事業費20億円が必要となる見通し。同神社は復興に向けて寄付を募っているほか、地元有志がYouTubeを活用した寄付・支援活動などを行っている(熊本日日・熊本5/1、西日本・福岡5/2ほか)。なお、神社本庁のまとめによれば、熊本県を中心とした神社の被害は、5月15日現在で264ヶ所だった(西日本・福岡・夕5/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center