(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年9月-11月
号数 25
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *教団・団体
本文テキスト  日蓮宗は15日、宗教法人の公益性を考える公開講演会を東京の宗務院で開いた。公益法人の制度改革に備えようとの趣旨。<「大規模法人以外は課税に」>(28日付)。
 日蓮宗が中心になっている「いのりんピック実行委員会」は8日、東京・柴又の題経寺で祈りと平和の祭典を開き、芸能を含むイベントを通じて<世界平和や国際貢献への思いを深めた>。スリランカへの老眼鏡の贈呈式も行った(21日付。中外日報19日付に同類記事)。
 浄土真宗本願寺派の教学シンポジウムが7日、京都市の本願寺会館で「いのちをみつめて?青少年の心の叫び」をテーマに開かれた。<性の問題も提起>(14日付。中外日報14日付に同類記事)。
 仏教伝道協会は7日、設立40周年を記念し講演と音楽の夕べを東京で開いた。40年の活動によって仏教聖典の翻訳と普及は41ヵ国語、56ヵ国に及び、1万件を越えるホテルに常備、総計1、700万冊を超えるまでになったという(14日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center