(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *曹洞宗、旧多々良学園問題への対応状況
本文テキスト  第125回曹洞宗通常宗議会が行われた6月27日、釜田隆文宗務総長は演説のなかで旧多々良学園問題の責任について述べた。当時の責任役員や宗議会議員に対して善管注意義務違反に基づき負担を求めていた件については、5月末日現在で62人から2,960万円が納入されたと報告。他方、法的な請求に関しては時効が成立したと述べ、司法に訴えなかった理由としては、前述の負担請求の実施、宗内瓦解の回避、裁判費用に対する効果などを挙げた。その上で、道義的な面からの負担は今後も求めるとした(30日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center