(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *カトリック学校 大学入試改革とグローバル教育に直面して
本文テキスト  日本カトリック学校教育委員会は4月28〜29日に東京で「第29回校長・理事長・総長管区長の集い」を開いた。2020年の大学の入試改革により、方式が「知識集積型」(暗記)から「課題解決型」に変わるが、その入試改革とグローバル教育について日本カトリック学校連合会の高田一樹氏は次のように講演を行った。カトリック校の国内外のネットワークを使い連携してゆくことで、(1)同世代との交流、(2)教育人材の交流、(3)教育施設・資源の共同利用、(4)イベントの共催などを、日本レベルと世界レベルで行うことができるとし、カトリック学校ならではのグローバル教育の可能性を示唆した。2015年度時点のカトリック学校(幼稚園〜大学)は823校で、学ぶ人員は20万9千人強で日本最大の私学グループ。しかし、少子化等で毎年2千人ずつ減少している。カトリック教育理念を具現化する教職員不足の問題もある。<カトリック学校の原点に立ち返りつつ、経営を安定させる道はあるのか―試行錯誤は続いている>(カ22日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center