(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆メキシコ
記事タイトル *ジカ熱、ローマ教皇が避妊容認を示唆
本文テキスト  ジカウイルス感染症(ジカ熱)が拡大する中南米で、妊娠中絶の是非を巡り議論が起きている。妊娠中にジカ熱に感染すると小頭症の子が生まれる可能性が指摘されているため。これについて、ローマ教皇フランシスコは2月18日、メキシコからローマへの機中の記者会見で、女性がジカ熱感染防止のために避妊することは「場合によっては絶対的な悪ではない」との見解を示した。避妊の容認とも取れる教皇の発言は極めて異例。一方、感染した妊婦の妊娠中絶については「中絶は罪であり、絶対悪だ」とし、カトリック教会の立場を堅持した(朝日2/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center