(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ベルギー <ブリュッセルの空港と地下鉄で同時テロ>
記事タイトル *難民女性のメッセージに注目集まる
本文テキスト  ブリュッセルのテロを受けて、各地で犠牲者を悼む集会が開かれている。3月24日にブリュッセル中心部で開かれた集会では、ボードを手に無言で佇むシリア難民の女子高校生に注目が集まった。「私はイスラム教徒ですが、テロリストではありません。私はシリア人ですが、テロリストではありません」。女性は2012年に母とともにシリアを逃れたが、心臓が悪く長く歩けない母親に1人で先に行くよう諭され、8ヶ月かけてブリュッセルに辿り着いた。娘を追っていた母親は、2015年11月にスロベニアで息を引き取った。祖国で市民を殺害し、生死をかけて逃れている難民になりすます「イスラム国(IS)」が許せないと語るが、欧州ではイスラム教徒やシリア人がテロリストと同一視される現実をメッセージに託した(毎日・夕3/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center