(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *国籍剥奪を可能にする法案で国会紛糾
本文テキスト  2015年12月、国家に損害を与えるような犯罪やテロ行為で訴追され、刑が確定した二重国籍者からフランス国籍を剥奪することを可能にする憲法改正案が閣議決定された。トビラ法相はこれに反発し、国会での同法案の審議開始を前に1月27日付で大臣を辞任した。同氏は仏領ギアナ出身の女性政治家で、同性婚を認める法律成立を主導するなど精力的な仕事ぶりで評価されてきた(東京1/28ほか)。憲法改正については2月10日、賛成317票、反対199票で下院を通過したが、51人が棄権し、与党社会党も83人の造反者を出すなど紛糾した。国論を二分する議論が続き、3月30日、オランド大統領は憲法改正の断念を発表した(読売3/31ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center