(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *エマニュエル・トッド『シャルリとは誰か?』
本文テキスト  『シャルリ・エブド』襲撃事件を受けて「私はシャルリ」と叫んだ人々は、言論の自由を守ろうとしたわけではない。1月20日に日本で出版されたエマニュエル・トッドの新著『シャルリとは誰か?』(文春新書)は、統計的手法を用いて「シャルリたち」の実態を解き明かす。デモが大規模だったのは、1960年代頃までカトリックの信仰が篤かった保守的な周辺地域であった。人が異教を排撃するのは、自らの宗教を熱烈に信じるからでも、ライシテ(世俗主義)を当然視するからでもなく、むしろ信仰を失いつつある時、失いきっていない時であると説明し、これをカトリック的なメンタリティを捨てきれない人々がその代替物を求める現象「ゾンビ・カトリシズム」と名付けた。そして、「シャルリたち」が、ドレフュス事件に代表される戦前のユダヤ人弾圧に熱狂的に加担した社会集団と重なりあうことを、危機感をあらわに指摘した(毎日2/21ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center