(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *『シャルリ・エブド』事件から1年で追悼
本文テキスト  パリの『シャルリ・エブド』本社やユダヤ系スーパーが襲われ、17人の犠牲者を出した事件から1年を迎え、3ヶ所の現場跡地に追悼プレートが設置され、1月5日に除幕式が行われた。式典にはオランド大統領やパリ市のイダルゴ市長も参列し、黙祷を捧げた(日経・夕1/6ほか)。一方、『シャルリ・エブド』紙は1月6日に発行した特別号で、自動小銃を背負い、白装束に返り血を浴びた「神」と思しき老人が走って逃げる姿を描いた風刺画を1面に掲載した。同紙は、特定の宗教の神や預言者を描いたものではなく、宗教をめぐりテロが頻発する状況を風刺したと説明したが、バチカン紙などはこれを非難している(読売1/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center