(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆オランダ
記事タイトル *「スレブレニツァの虐殺」指導者に禁固40年
本文テキスト  ハーグの旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷は3月24日、ボスニア=ヘルツェゴビナ紛争時にセルビア人武装勢力がイスラム教徒(ボスニャク人)7千人を殺害したとされる「スレブレニツァの虐殺」などについて、セルビア人指導者カラジッチ被告に対し禁固40年の判決を言い渡した。同被告はセルビアを守るための行為であったとして無罪を主張していたが、法廷はイスラム教徒を抹殺する「民族浄化」を意図したものと断定した。欧州連合(EU)への加盟を目指すセルビア政府にとっては、懸案の「戦後処理」に目途がつく判決となったが、ボスニア=ヘルツェゴビナ国内のセルビア人共和国(スルプスカ共和国)にはカラジッチ被告を英雄視する風潮があり、ドディック大統領自ら国際法廷を批判するなど火種もくすぶっている(読売3/26ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center