(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) <イラン大統領の欧州歴訪>
記事タイトル *政府要人やローマ教皇との会談
本文テキスト  1月25日より、イランのロウハニ大統領がイタリア、バチカン、フランスを歴訪した。経済制裁の解除を受けて、各国のインフラ関連企業などとの大型契約の締結が目を引いたが、英仏要人との会談では、「イスラム国(IS)」の台頭で混迷を極めるシリア情勢やテロ対策についても協議された(読売1/26、朝日1/30ほか)。同26日に行われたローマ教皇とロウハニ大統領の会談について、バチカン報道官は、イランの核合意履行や中東の政治情勢、宗教間対話の重要性や人権・信仰の自由などについて話し合われたと発表した。ロウハニ大統領は教皇に「私に祈りを」と依願し、教皇は「平和を願っている」と応じたとされる(日経1/27ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center