(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イタリア
記事タイトル *ウンベルト・エーコ氏が死去
本文テキスト  中世の修道院を舞台にした小説『薔薇の名前』などで知られるウンベルト・エーコ氏が2月19日に死去した。小説家、学者、大学教員、評論家として一級の仕事を残した知の巨人であるが、子ども向けの著作や軽妙なエッセイなど幅広い分野で人気を博した(読売2/21ほか)。2月22日には日本で同氏の新作長編小説『プラハの墓地』(東京創元社)が発売となった。ロシアにおけるユダヤ人虐殺(ポグロム)やナチスによるホロコーストを正当化するのに用いられた反ユダヤ主義の偽書『シオン賢者の議定書』の成立を描いたピカレスク小説だが、「陰謀論」が跋扈する現代社会への警鐘にもなっている(読売3/27ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center