(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *ウラジーミル聖公の銅像建設計画が難航
本文テキスト  キエフ・ルーシ(ロシア)にギリシャ正教を受け入れたウラジーミル聖公の死去から1千年を迎えた2015年、モスクワに銅像建設を求める声が上がり、プーチン大統領もこれに賛同した。市当局は市街を一望する高台に24mの像を建設しようとしたが、景観や地盤の問題から頓挫。その後、インターネット投票の結果を参照し、9月にクレムリン付近が候補地に選ばれたものの、ユネスコ世界遺産である「クレムリンと赤の広場」の真正性を損ねるとしてユネスコ側が難色を示しているという。銅像の高さを8m程度に抑える方向でユネスコとの協議が続けられている。聖公が洗礼を受けたのが、2014年にロシアがウクライナから併合したクリミア半島とされることが、銅像建設運動に熱が入っている一因とみられている(産経1/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center