(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *チェチェン首長が軍や公金を私物化と批判
本文テキスト  2月23日、野党「国民自由党(パルナス)」のヤシン副党首が党本部で記者会見し、南部チェチェン共和国が事実上の独立状態にあるとして、同共和国のカディロフ首長の辞任を要求した。根拠としては、ロシア軍のチェチェン人部隊がカディロフ氏の私兵として活動していること、チェチェンにおいてロシアの法律よりもイスラム法が優先され、女性の人権が認められていないことが挙げられた(東京2/25)。カディロフ首長はイスラム過激派を強権で封じ込め、ロシア南部の安定化に大きな役割を果たしたことから、プーチン大統領の信頼を得ているとされるが、反体制派の暗殺や公金の私物化などの疑惑が絶えない。1月31日にも、野党指導者カシヤノフ氏に銃の照準を重ねた画像をインスタグラムに投稿し、暗殺をほのめかすなど、過激な言動で物議を醸している(朝日2/4ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center