(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆レバノン
記事タイトル *シリア歴史遺産保護へ向けた国際会議
本文テキスト  2015年12月、過激派組織「イスラム国(IS)」が破壊を続けているシリアの歴史遺産についての国際会議が首都ベイルートで開催され、シリアやフランスなど13ヶ国から約160人が参加した。会議は、現地で発掘調査を行ってきた約120の調査隊に対し、日本西アジア考古学会が働きかけて実施されたもの。日本で募った寄付金約500万円を、シリア人研究者約30人の参加旅費や、現地の文化財の梱包資材費などに充てた。同学会の西藤清秀会長は、破壊されたパルミラ遺跡を代表するベル神殿で、以前レーザー計測等の調査を行っており、それに基づいて復元した3次元画像を初めて公表した。今後精度を高め、将来の復元時に活用したい考えだが、データ・写真は不足しており、他の調査隊に提供を呼びかけた(読売1/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center