(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆リビア
記事タイトル *増加するISによるテロ
本文テキスト  過激派組織「イスラム国(IS)」は本拠地のイラクやシリアでは縮小傾向にあるが、一方で地中海を挟んだ対岸のリビアやチュニジアのIS拠点化が進んでいる。アーネスト米大統領報道官は2月4日、イラクとシリアで活動するIS戦闘員は減少しているが、リビアでは2千〜3千人から5千人に増加したと発表した(赤旗2/6)。こうした状況下で、両国ではISによる襲撃やテロが多発している。1月7日には北西部ズリテンの警察訓練施設で65人が死亡した爆弾テロがあり、翌日にISが犯行声明を出した(日経1/8)。また21日にはISとみられる武装集団が中部ラスラヌフ近郊の石油施設を襲撃し、貯蔵タンクに放火した(日経1/22)。チュニジアでも3月7日、リビア国境に近いベンゲルダンの軍施設が襲撃され、兵士や政府職員、民間人ら18人が死亡した。チュニジアのシド首相は同日に演説を行い、襲撃はISが支配地域拡大のために起こしたという見方を示した(毎日・夕3/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center