(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆トルコ
記事タイトル *強権姿勢強まる、最大手紙が政府管理下に
本文テキスト  3月4日、大統領への批判的論調で知られる最大紙『ザマン』が、裁判所の決定により政府管理下に置かれた。イスタンブールにある同紙本社前では市民と警察が衝突し、編集長は編集室から強制的に排除された。決定は、同紙が大統領と対立関係にある米国在住のイスラム教穏健派指導者ギュレン氏の組織(2015年10月に「テロ組織」指定)を支援した疑いに基づくと伝えられた(毎日3/6)。同国では1月15日にも、クルド労働者党(PKK)への掃討作戦に反対署名した学者らが拘束されており、「テロ組織」「大統領侮辱」などの疑いで報道関係者が逮捕・拘留されるなど政権批判に対する抑圧姿勢が強まっている。トルコではエルドアン氏が2003年以降首相、大統領を歴任して独裁色を強めており、検察や裁判所などの司法当局からも敵対勢力を排除して政権の影響下に置いているとされる(日経1/13ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center