(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラン
記事タイトル *ダブル選前に大量失格、ホメイニ師不出馬
本文テキスト  1月26日、1ヶ月後に予定される国会と専門家会議(最高指導者の任免機関)のダブル選挙の立候補者が、イスラム法学者などで構成される「護憲評議会」の事前審査で大量失格したことが明らかになった。国会議員選に立候補した約1万2千人のうち失格者は約7,300人で、ロウハニ大統領を支持する改革派候補者3千人のほとんどが含まれていた。また、専門家会議選の候補者801人中635人が失格となり、故ホメイニ師の孫、ハッサン・ホメイニ師も失格となった(赤旗1/28ほか)。ロウハニ大統領らが審査結果の見直しを要求し、国会議員選候補者約1,500人が「復活」したが、ホメイニ師は立候補を認められなかった(朝日2/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center