(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラク
記事タイトル *スンニ派モスク襲撃、シーア派指導者処刑に対する報復か
本文テキスト  首都バグダッド郊外で1月3日夜、少なくとも2ヶ所のイスラム教スンニ派モスク(礼拝堂)が襲撃され、聖職者ら2人が死亡した。サウジアラビア政府がシーア派指導者ニムル氏を処刑したことへの報復とみられる。さらにその翌日サウジアラビア大使館前では、処刑に抗議してサウジアラビアとの国交断絶を求める大規模なデモが行われた。サウジアラビア大使館は1990年、フセイン政権によるクウェート侵攻を受けて閉鎖していた。フセイン政権崩壊後も、シーア派を偏重したマリキ前政権期には再開には至らず、2016年1月1日、約25年ぶりに再開したばかりだった。同国のイスラム教徒の6割以上はシーア派で、同派が主導する政権は、サウジアラビアと断交したシーア派の大国である隣国イランと密接な関係にある(毎日・夕1/5)。
Copyright(c) Religious Information Research Center