(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *ユダヤ教聖地「嘆きの壁」、男女同席での礼拝が可能に
本文テキスト  1月31日、エルサレム旧市街にあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」に、男女が一緒に礼拝できる空間を設置すると、イスラエル政府が決定した。これまでの礼拝は、伝統的な教えに従い、男女別々になっていたが、非正統派ユダヤ教徒は男女同席を長年求めてきた。同国ではユダヤ教の戒律を厳格に守る正統派ユダヤ教徒の発言力が強いが、戒律の遵守が比較的緩やかなユダヤ教徒も米国などには多い。礼拝での男女同席を認める傾向が強い非正統派は、今回の決定を歴史的な動きだとして歓迎している。ネタニヤフ首相は31日の閣議冒頭で、「敏感な問題だが、公平で創造的な解決策だ」と述べた。正統派の閣僚らは反発し、表決で反対票を投じた(東京・夕2/1ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center