(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *殺人罪でユダヤ教過激派を起訴
本文テキスト  2015年7月、パレスチナ自治区で起きた民家への放火によって、パレスチナ人の両親と1歳半の男児が死亡した事件で、イスラエル検察は1月3日、殺人罪などでアミラーム・ベンウリエル容疑者(21)を起訴した。被告のようなユダヤ教過激派に傾倒する若者らは、過激なラビの出版物を独自に学習し、ユダヤ教神学校には通っていないことが多い。イスラエルの情報機関シンベトによると、被告も「ユダヤ人以外を追放したユダヤ人国家による神権政治の創設」を目指すユダヤ教過激派組織に所属し、繰り返しパレスチナ人民家への放火等を行っていた。この事件は、2015年10月以降に拡大したパレスチナ人による一連のユダヤ人襲撃事件の一因となっている。パレスチナ人の民家や車に放火したユダヤ教過激派が起訴されることは稀(毎日1/5)。
Copyright(c) Religious Information Research Center