(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆アラブ首長国連邦(UAE)
記事タイトル *「幸福相」「寛容相」新設、女性登用も
本文テキスト  マクトム首相は2月8日、幸福大臣と寛容大臣のポストの新設を発表した。これによると、幸福大臣はUAEの社会的利益と満足の拡充を、寛容大臣は同国の基本的価値である美徳を浸透させるための政策策定と運用を主要な職務とすることになる(SANKEI EXPRESS2/11)。首相は新内閣の重点分野として「未来、若者、幸福、教育、気候変動対策」を掲げており、10日の内閣改造では、幸福大臣に女性のオフド・ロウミ首相府長官(38)が、「若者大臣」にも女性のシャムマ・マズロイ氏(22)が起用された。首相を含む29閣僚のうち8人が女性という。オイルマネーを手厚い社会保障に充ててきた湾岸諸国では資源収入への過度な依存から脱却することが課題となっているが、2015年4月に国連が発表した「幸福度ランキング」では、UAEはアラブ諸国で最上位の20位(158ヶ国中)だった(毎日・夕2/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center