(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆インド
記事タイトル *ダリットの地位向上求めた大学院生が自殺
本文テキスト  1月17日、南部アンドラプラデーシュ州のハイデラバード大学で、「ダリット」(カースト制度の外側で最下層に位置づけられる集団)出身の博士課程在学生ロヒット・ベムラ氏(26)が首を吊って自殺した。ロヒット氏はダリットの地位向上を目指す学生組織のリーダーで、2015年7月にヒンドゥー至上主義団体の傘下にある学生組織「全インド学生評議会(ABVP)」と対立して以降、奨学金停止、寮退去、大学公共スペースへの集団での立ち入り禁止、学生自治会選挙への参加禁止等の処分を受けていた。処分はABVPと関係の近い右派インド人民党(BJP)の政治家が大学学長に圧力をかけた結果とみられており、学生自治会は学長や政治家らの処分を要求している。ロヒット氏の自殺を契機として、ダリット学生が直面する差別を告発する動きが他大学にも広がっているという(赤旗2/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center