(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *「消滅可能性都市」に全宗教法人の35.6%
本文テキスト  日本創成会議が試算に基づき「消滅可能性都市」とした896市区町村に、宗教法人の35.6%の所在地があることが、国学院大学の石井研士教授の調査でわかった。「消滅可能性都市」は同会議が2014年5月に発表したもので、2040年に20〜39歳の若年女性の人口が2010年と比較して半分以下に減ると予測される自治体のこと。石井教授は試算に使われた国立社会保障・人口問題研究所の推計に近い年度の宗教法人名簿を各都道府県から収集し、その所在地を調べた。その結果、福島県内の自治体を除く全国の宗教法人の数は計17万6,455法人あり、そのうち6万2,971法人が消滅可能性都市にあることがわかった。石井教授はこれらの宗教法人を、将来的に存続が困難になる「限界宗教法人」と位置づけている(産経・大阪2/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center