(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *イスラム教徒向け食品、「脱ハラル認証」の動き
本文テキスト  イスラム教徒の来日が増えるなか、「ハラル認証」に頼らない動きが広がっている。日本土産として人気の「サムライラーメン」の箱に「ハラル」の文字はなく、豚、鳥、牛、酒のマークに「×」がついているだけ。また、認証の有無にかかわらずハラル対応している飲食店を紹介するウェブサイトもある。「脱ハラル認証」の背景には、世界的にも統一の規格がないという問題がある。様々な認証発行団体が乱立し、取得にかかるコストも数万円から数百万円の開きがある。農林水産省によると、食品業者のハラル認証の取得件数は2006年の1件から2014年には32件に増加。しかしインドネシアやマレーシアからの訪日客の増加に比べると伸び悩んでいる(朝日・東京1/22)。
Copyright(c) Religious Information Research Center