(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年9月-11月
号数 25
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞クリスチャン新聞
記事タイトル *キリスト者人口1%の壁を破るには
本文テキスト  エリヤ会第2回シンポジウム「『破壊と創造』?変革への提言1%の壁を破るには信徒創造」が9月25日、東京のお茶の水クリスチャンセンターで開かれた。シンポジウムに先立ち、宣教の接点把握のためクリスチャンとノンクリスチャンを対象に調査を実施。その結果、ノンクリスチャンの感じる「敷居の高さ」は<信者との宗教心の違い>であって、クリスチャン自身が考えているような「知りあいの無さ」「堅苦しさ」「禁酒禁煙」といった敷居の高さでないと、三谷康人氏(元カネボウ薬品会長)から説明があった。また、パネラーの牧師は、葬儀や「納骨伝道」を自身の体験にもとづいて提言した(キ9日付、ク17日付。なお、カ31日付及びク10日付に葬儀社の記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center