(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *国交正常化60周年でフィリピン訪問
本文テキスト  両陛下は、1月26日から30日にかけ、2016年7月に国交正常化60周年を迎えるフィリピンを訪問された。友好親善が目的であるが、日程の多くが戦没者慰霊に割かれており、天皇・皇后として初めて日比両国の戦没者慰霊に臨まれた。フィリピンは太平洋戦争における最大の激戦地であり、約51万8千の日本人が戦死している。これは日中戦争から終戦までの日本人戦没者の6分の1、軍人軍属に限れば4分の1に当たり、またフィリピン人も虐殺や飢餓などから約110万人が犠牲になったとされる。両陛下は27日にはフィリピン人戦没者を追悼する「無名戦士の墓」の慰霊碑に、29日には日本人犠牲者をまつる「比島戦没者の碑」に供花され、両国の慰霊を果たされた(日経・東京・夕1/29ほか)。
 両陛下即位後の「慰霊の旅」は1994年の硫黄島に始まり、1995年に広島・長崎・沖縄、2005年にサイパン、2015年にはパラオと、戦後の節目となる年を中心に行われている(産経・東京1/20)。
→『ラーク便り』69号31頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center