(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆創価学会・公明党
記事タイトル *宜野湾市長選で期日前投票者2倍
本文テキスト  普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選で、公明党を支持する創価学会員が全国から宜野湾市内の有権者に電話で支援を呼びかけるなど、首長選では異例の体勢で支援活動に臨んだことが報じられた。1月17日告示の市長選は、同飛行場の名護市辺野古移設を推進する政府与党の自民・公明両党が推薦する現職知事と、移設反対を掲げる沖縄県知事の支援を受ける新人候補による「代理戦争」ともいえる構図(読売・東京1/16ほか)。1月24日の投開票の結果、現職知事が当選を果たしたが、期日前投票者数が前回の約2倍に達したことから、積極的に期日前投票を呼びかけた創価学会の支援活動の影響力の大きさが報じられた(日経・東京1/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center