(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *長崎の教会群、世界遺産の推薦取り下げ
本文テキスト  政府は世界文化遺産登録を目指していた「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(以下「教会群」)について、2月9日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦の一時取り下げを閣議了解した。1月に、ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)から、価値証明が不十分であるとの中間報告を通知されたことによる。イコモスは、日本独自の「禁教期の潜伏」に焦点をあてるよう求めている。政府はいったん推薦を取り下げ、イコモスの指摘をふまえて再推薦することが最善と判断した(長崎・長崎2/7、読売・福岡・夕2/9ほか)。
 長崎県は2018年の登録を目指し、イコモスとアドバイザー契約を締結して新たな推薦書の原案を作成した。新たな原案では禁教期に焦点を絞ったが、現行の14構成資産は維持。「教会群」は他候補との競合を制し、7月ごろに開かれる文化審議会で再推薦の承認を得ることを目指す(長崎・長崎3/25、3/31ほか)。
→『ラーク便り』69号26頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center