(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *国東市の「キリシタン遺物」否定
本文テキスト  大分県国東市の教委専門家委員会は1月24日、これまでキリシタン遺物とされてきた市内の墓石や灯籠など16点について、「全てキリシタン遺物と認められない」との見解を発表した。同市ではキリシタン遺物群を集客の観光資源として活用する機運が高まっていたことを背景に、専門家による学術的調査を実施。魚の絵と「INRI」(「ユダヤ人の王ナザレのイエス」の頭文字)の彫刻がキリシタン遺物の証とされてきた「INRI祭壇石」(同市国見町)をはじめ、対象全てに時期的矛盾や神道・仏教の様式との混同が確認され、キリスト教との関連を否定された。調査を担当した専門家は、自治体が学術的検証の欠けるものを売り出している現状に警鐘を鳴らしている(大分合同・大分1/25、1/31ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center