(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *アイヌ遺骨返還で和解
本文テキスト  北海道大学がアイヌ民族の墓から掘り出した遺骨を保管し続けているために先祖の供養ができないとして、アイヌ民族の男女5人が、北大に遺骨返還と慰謝料を求めている訴訟で、3月25日、札幌地裁にて北大側が遺骨を返還し埋葬費を負担することなどで和解が成立した。遺骨は1931年頃から戦後にかけ北大の研究者によって持ち出された。現在は、北大や東大など全国の12の大学に約1,600体が保管されている。北大には約1千体があるが、今回の和解で16体が受け入れ団体の「コタンの会」などに返還されることになった(朝日・東京3/26ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center