(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *東日本大震災から5年、被災建造物のゆくえ
本文テキスト  3月11日、東日本大震災から5年がたった被災地では、被災した建造物を「震災遺構」として残すか否かの議論が続いている。3月8日の時点で保存が決定しているのは、たろう観光ホテル(岩手県宮古市)と荒浜小学校(宮城県仙台市)。宮城県南三陸町の防災対策庁舎は震災から20年間の保存が決定されている。福島県富岡町のJR富岡駅は解体後一部保存の予定。一方で、岩手県大槌町の旧役場庁舎や宮城県石巻市の門脇小学校などは、無残な姿を残したくないとの意見もあり、議論は難航している(東京・東京3/8)。そうしたなかで、3月26日、石巻市は児童や教職員、計84人が犠牲となった石巻市立大川小学校の被災校舎を震災遺構として保存する方針を固めた。市民アンケートや公聴会では「保存」と「解体」で意見が分かれたが、市は惨事を繰り返さないよう、校舎を追悼と伝承の場として残す意義を重視したとみられる(産経・東京3/26)。
→『ラーク便り』67号25頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center