(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *関心高まる自然葬、アドバイザー養成講座も
本文テキスト  海や森などに散骨する自然葬への関心が高まっているなか、トラブルを未然に防ぐ試みが行われている。散骨に関する具体的な法律は存在しないものの、粉末化せずに散骨すると法律に抵触する恐れがある。全国ではこれまで、遺骨を粉末化しなかったり、水田地帯に散骨して住民などに訴えられた例があった。自然葬をめぐるこうしたトラブルを未然に防ごうと、埼玉県の秩父市や本庄市では独自の条例を施行している。本庄市では、「良好な近隣関係を損なわないように努めなければならない」と、散骨場の設置などを想定した条例を施行、また秩父市では墓地以外の場所には原則、散骨を禁止している。正しい知識をもった人材が求められている状況を受け、NPO法人「暮らしサポートひだまり協議会」(北海道千歳市)は、2015年10月に国内初となる自然葬アドバイザー養成講座を開設した。約2ヶ月の通信講座で、自然葬の歴史や法規制の基礎知識などを学ぶことができるという(埼玉・さいたま1/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center