(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *「来訪神行事」をユネスコ無形文化遺産に
本文テキスト  一年の節目に神の使いに扮して家々をまわり、厄払いや無病息災を願う日本各地の「来訪神行事」を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録しようという動きが出ている。全国で行われている来訪神行事のうち、既に「甑島(こしきじま)のトシドン」(鹿児島県)が、2009年にユネスコ無形文化遺産に登録された。国や関係する地方自治体は、登録済みのトシドンに、各地の来訪神行事を加える形での一括登録を目指し2014年に全国協議会を設立。2016年のユネスコへの提案を計画している。登録を目指している来訪神行事は、岩手県大船渡市「吉浜のスネカ」、宮城県登米市「米川の水かぶり」、秋田県男鹿市「男鹿のナマハゲ」、山形県遊佐町「遊佐の小正月行事」、石川県輪島市と能登町「能登のアマメハギ」、佐賀県佐賀市「見島のカセドリ」、鹿児島市薩摩川内市「甑島のトシドン」、沖縄県宮古島市「宮古島のパーントゥ」の計8件(毎日・東京・夕1/4ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center