(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *四国遍路の「逆打ち」イヤー到来
本文テキスト  四国霊場八十八ヶ所を逆回りで巡礼する「逆打ち」に注目が集まっている。うるう年に行われる逆打ちは、順打ちよりも御利益が大きいといわれるが、その由来となる物語が「うるう年で申年」の出来事とされ、2016年がその年に当たるからである。四国八十八ヶ所霊場会(香川県善通寺市)によると、物語はあくまで俗説だが、空海に無礼を働いた商人・衛門三郎が許しを乞うため、20回以上遍路に出掛けたが、空海に追い付くことができず、うるう年の申年に逆回りを試みたところ、出会えたという。逆打ちの効果で参拝者の増加が見込まれるなか、75番札所の善通寺では3月段階で、参拝者の7割前後が逆打ち。旅行会社では「12年に1度の好機」「衛門三郎物語」と銘打った逆打ちのツアーが次々と企画されている(徳島・徳島1/31、読売・大阪・夕3/30)。
Copyright(c) Religious Information Research Center