(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *元僧侶、国に労災認定求める訴訟
本文テキスト  福井県大野市の元僧侶の男性が、同市の寺院(浄土真宗本願寺派)で勤務中に負傷し、障害が残ったとして、国に労災認定を求めた訴訟の第1回口頭弁論が1月13日、福井地裁であった。僧侶が労災保険法上での労働者に当たるかどうかが争点。訴状によると、男性は約40年前から先代の住職を補佐する僧侶として働き出した。雇用契約書は交わしていないが、給与・賞与として年間386万円を受け取っていた。僧侶がけがをしたのは2012年4月。寺の指示で門徒を接待する酒宴の後片付けをしている際、石段から転落し、左半身まひとなった。その後、2013年1月に大野労基署に労災認定を申請。労基署は男性を労働者としたが、宴席は業務ではないとして労災と認定しなかった。これを受け、不服を福井労働局に申し立てたところ、今度は労働者と認められないとして退けられたため、2015年10月に提訴に踏み切った。同種の訴訟は過去にもあったが、判例では判断が分かれている(福井・福井1/14、東京・東京1/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center