(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *浄土宗宗議会でペット関連質疑相次ぐ
本文テキスト  浄土宗第114次定期宗議会の一般質問で3月9日、ペット供養の要望が増えているとして「ペットも極楽往生し、飼い主と極楽でいずれ再会できるのか」との質問があった。藤本淨彦・浄土宗総合研究所所長は、『法然上人往生浄土用心』の一節を引用しながら、念仏を振り向けて阿弥陀仏の光を浴びれば往生できると答弁した(16日付。仏教タイムス17日付に同類記事)。
 他方、人用の墓にペット遺骨を埋葬することは「望ましくない」、ペット用納骨墓は「宗教施設ではなく、倉庫と同等の扱い」「収益事業と判断されることがある」とも答弁したが、ペット遺骨を「副葬品」と見なすことができるとの考えも併せて示した(18日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center