(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *伊勢神宮遷宮 「常若」は「神の死と復活」への反論
本文テキスト  神道青年全国協議会は3月16〜17日に伊勢市で神宮研修会を行った。神宮会館では神宮司庁祭儀部儀式課長の吉川竜実氏が「神宮のおまつり」について講義を行い、以下の質疑応答があった。<今次の遷宮広報において「常若(とこわか)」との語が用いられたことへの質問があり、(吉川氏は)学者や文化人などに「神の死と復活」という遷宮理解が見られたことに対する反論も含め、遷宮をより分かり易く説明しようとの意図があったと感じていることを述懐した>(28日付)。(筆者注―「常若」とは「いつまでも若々しいさま」を意味する。今回の遷宮においてマスメディアなどに流通したが、伊勢神宮の公式見解ではない。記事も吉川氏が「感じている」としている)。
Copyright(c) Religious Information Research Center