(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *皇位継承 国連の女子差別報告書から削除
本文テキスト  神道政治連盟議員懇談会は3月9日に自民党本部で憲法改正に向けた勉強会を行った。この席で中曽根弘文同会会長代行が皇位継承問題に関して経緯を語った。記事は次のように報じる。<国連女子差別撤廃委員会が、皇位継承を男系男子の皇族に限定するのは女性差別と看做し、日本の女性差別に関する報告書の最終了案に皇室典範の改正勧告を盛り込んでいたことに言及。政府の抗議で削除されたことに安堵した旨を述べ>た。なお講演は、西修・駒沢大学名誉教授の「なぜいま憲法改正が必要なのか―主に比較憲法的視点から」(21日付、28日付。神道政治連盟関係で14日付に東日本大震災物故者慰霊祭)。
Copyright(c) Religious Information Research Center