(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年1月-3月
号数 70
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *20年ぶりアンケート 信徒の意識が激変
本文テキスト  『キリスト教年鑑』(キリスト新聞社)編集委員会は2015年9〜10月に、同年鑑の国内人名欄に登録された教職・信徒を対象に「戦後70年・教会アンケート」を実施した。8,041件に送付し、回答は2,560件(教職2,133、信徒427)。アンケートは1995年にも実施し、今回のアンケート項目は基本的に95年に準じている。以下、特徴の際立った回答項目について紹介する。第一は「これからの教会に最も必要とされているもの」に関してで、信徒の意識はこの20年間で激変した。「礼拝」17.3%(95年0.9%)、「伝道」14.8%(同26.1%)、「祈り」13.9%(同0.7%)、「社会実践」10.6%(同2.1%)、「他教派との連帯」9.3%(同18.8%)、「聖書研究」7.6%(同15.1%)。記事は<「聖書研究」を最も必要とされているものという認識が半減していることは考えさせられる>と指摘。第二は今回新設したアンケート。(1)「自死者の葬儀を教会で挙げること」は、「事情によっては受け入れる」は教職51.7%、信徒51%、「積極的に受け入れるべき」は同41.4%、38.1%で、「受け入れるべきではない」は同1.4%、1%。(2)「同性愛者による結婚式を教会で挙げることについて」は、「受け入れるべきではない」が教職48.3%、信徒37.2%、「事情によっては受け入れる」と「積極的に受け入れる」の合計は教職32.4%、信徒38.4%だった。なおアンケート結果全文は『キリスト教年鑑』2016年版に掲載(キ13日付、20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center