(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年9月-11月
号数 25
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆生命医療〈その他〉
記事タイトル *着床前診断
本文テキスト  11月5日、受精卵の段階で病気などの有無を調べる「着床前診断」を独断で実施し、2004年4月に日本産科婦人科学会から除名処分を受けた大谷産婦人科の大谷徹郎院長が、習慣性流産で子供ができない夫婦15組に対し、着床前診断を実施していたことが分かった。うち5人が妊娠しているという。着床前診断では、染色体の異常を見つけ流産しにくい受精卵を選ぶことができるというが、「生命の選別につながる」との批判も強く、日本産科婦人科学会は重い遺伝病に限り個別に審査して認めるとの会告(指針)を定めている。大谷院長は、学会規則に反して代理出産などを行った根津八紘・諏訪マタニティークリニック院長と「着床前診断を推進する会」を2004年7月に発足させ、独自に同診断を行うとしていた(読売・東京・夕 11/5)。
Copyright(c) Religious Information Research Center